静岡のシステム開発・アプリケーション開発・安否確認システム

Home> 会社案内> 私たちの夢

私たちの夢

Avance Revolution

私たちの夢は、変化を続ける土壌を作りあげ実践し続ける事です。
社名に恥じないように「挑戦」と「変化」をポリシーとして前進し、成長を続けてまいります。

なぜ「前進」なのか?

簡略に言えば、前に進まなければ継続した成長を続ける事ができないからです。
また、前進し挑戦する姿勢を世の中に発信し続けていきたいからでもあります。

前進・挑戦する心を育む。私は、以前から「育む」との言葉を好んで使います。

「育む」との言葉には、「人の可能性を信じる」との意味が含まれていると思っています。

人を信じ、己を信じることで「育む」余裕がうまれてきます。この余裕が、前進し挑戦する心のエネルギーになるのです。

挑戦し続けるためには、前を向いて歩み続ける強い心(精神力)も必要です。

「人の為に成ることを成す」これが創業者である私の強い想いです。

現在我が社は、第二創業期に入っています。数年前からの新事業を成功させるために、極めて大きな困難をいくつも乗り越えていかねばなりません。経済不況も大きな足かせになっていますが、だからこそやり切る価値は大きいのです。
難関に挑む姿勢を社会に発信し続け、達成する事で希望を社会に与える事ができるのです。

数々の困難を克服し、アバンセシステムを成長させ基幹企業に育てあげるために今、アバンセグループは社運をかけ邁進しております。

我が社は今、第二の創業期の大切な時期にあります。アバンセグループが大きく飛躍をとげることができるか否かは、私たち社員全員(同志)の双肩にかかっているといっても過言ではありません。

平成11年の設立以来、私を中心として制御系の技術を磨きながら苦渋をなめ、地べたをはうような苦労を重ねながら、さまざまな困難に打ち勝ち、今日のアバンセグループを築き上げてまいりました。

昨今では、浜松地域の元気企業として認知されるまでになっているのです。
数十社以上ある企業群の中でこのように証される事は、大変な名誉だと思っています。

アバンセグループをここまで導いてきたバックボーンともいうべきものは、設立以来みなぎっている開拓者精神と、人のやらない事を成しえる開発者魂であったんだと思います。いつも未知の分野に挑み、困難に正面から立ち向かっていった土性骨(どしょうぼね)、そしていかなるときにも人の為に成ることを成すんだとの信念を貫きとおした開発者魂であったと思います。

これから同志になられる方々にも、この二つの想いを揺るがない精神力で持ち続けて頂きたいと思います。

アバンセグループは、人のやらない事を成しえる開発者魂と開拓者精神を大きな柱とし、今後もコンピューティング技術を磨き続け、平和でかつ豊かな生活を世界の人々に提供していくことを使命として活動してまいります。

代表取締役社長
村山 邦彦