安否確認システムANPIC(アンピック)

安否確認システム,安否システムを低価格&高い安定性でご提供します

安否確認システム ANPIC HOME > 導入実績 国立大学法人 静岡大学

導入実績 国立大学法人 静岡大学

安否確認システムANPICの導入が全学緊急連絡網の強化と持続的改善を飛躍的に促進させた!

緊急連絡網の整備課題

毎年、数百名から千名規模で、学生の卒業と入学を繰り返す学校・教育機関様においては、その最新名簿情報のメンテナンスはもとより、私的な連絡情報を用いた緊急連絡網の体制作りに困難を極めるのが常です。たとえば、入学時に収集した携帯やスマートフォンのメールアドレスへの到達率は、学年を進むにつれて大幅に低下します。それはメールアドレスの死活の問題だけではなく、各人の迷惑メール対策、運用スタイル、重視度など、応答率を低下させるその他いくつも要因が掛け合わされた結果です。また何よりも、日頃の訓練を伴わない緊急連絡網は、本番の災害時に情報錯綜と混乱を招きます。

緊急連絡網システムへの考え方を変える

アバンセシステムは、学校・教育機関様の緊急連絡網の整備確立およびその持続的改善をご支援させて頂くという考えに立って、学校・教育機関様向けの安否確認システムANPICを開発致しました。その起源は、2008年に静岡県立大学と静岡大学が共同開発した安否確認システムにあることからも、大規模学術機関で起こりえる様々な運用の困難の解決と経験が盛り込まれています。ANPICは、全学緊急連絡網の強化と持続的改善を飛躍的に促進します。

ANPICの主な特長

ANPICの主な特長

  • 部局・研究科・事務部などの複雑な組織階層構造を柔軟に構成致します。ANPICは学校組織の複雑な組織階層を熟知しています。
  • 複数所属や所属組織を越えた要員のグループ構成が可能です。たとえば防災対策委員グループなどの構成が可能です。
  • 数十名の副管理者を全学の下部組織の担当者として登録し、階層組織に属する要員の安否情報の収集、掌握、分析を可能とします。
  • 大規模災害発生時には、繰り返す余震活動に対しても粘り強く全自動で安否収集活動を行います。
  • 毎年、数千人単位で入れ替わる学生・生徒の名簿情報を既存データベースとの連携によって、ANPIC管理運用のコストを大幅に低減します。日々の小修正にも対応済みです。
国立大学法人 静岡大学

国立大学法人 静岡大学
創立:1949年
所在地:静岡キャンパス 静岡県静岡市駿河区大谷836 浜松キャンパス 静岡県浜松市中区城北3-5-1
学部:人文社会科学部、教育学部、情報学部、理学部、工学部、農学部、その他大学院研究科
学生数:学部生 8,764名、大学院生 1,526名 2015年5月現在
WEB:http://www.shizuoka.ac.jp/

長谷川 孝博 准教授

お客様の声
大学組織において1万名を超える人員の緊急連絡体制の整備と運用は容易ではありませんでした。本学では、既存の名簿情報との自動連携によるメンテナンスフリーの安否確認システムANPICにより、この課題を克服することができました。複雑な組織構成や人員配置にも柔軟に対応出来ています。毎年の訓練を積み重ね高い安否収集率を得るに至っています。

静岡大学 情報基盤センター 副センター長 長谷川 孝博 准教授

企業のBCP対策・災害時の事業継続対策・新型インフルエンザの発生時等パンデミック対策など社員の安否情報・安否確認システムを素早く低コストで導入できます。053-411-8037(受付:平日9:00~17:00 土日祝を除く)

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験・デモ
  • 運用のご相談
  • お見積

ANPICからのメールが届かない方へ

初期費用なしで始められる!販売パートナー募集中

ページトップに戻る